新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ  

 [ALL]  WANDSの『声にならないほどに愛しい』  pr  2008/12/28(日) 16:49 要望

Re:WANDSの『声にならないほどに愛しい』  無記名  2008/12/28(日) 23:55
Re:WANDSの『声にならないほどに愛しい』  メッセンジャー  2008/12/31(水) 10:55
Re:WANDSの『声にならないほどに愛しい』  pr  2009/01/02(金) 04:52
Re:WANDSの『声にならないほどに愛しい』  メッセンジャー  2017/12/15(金) 13:49

  Re:WANDSの『声にならないほどに愛しい』  
 名前:無記名   投稿日:2008/12/28(日) 23:55  
>prさん
>こんにちは。
>
>MANISHという女性デュオ(?)の同名の曲を、WANDSがセルフカバーしたバージョンがあるのですが、この曲のサビの直前がものすごい高音になるところがあって、前から気になっていました。
>
>ぜひ音域を知りたいです。
>
>アルバムの『Little bit...』という曲に収録されていて、iTunesにもあります。
>
>iTunesの視聴だと、冒頭の1,2秒あたりの部分が該当の高音部分です。
>
>
>よろしくお願いします!

全部調べたわけではありませんが
「このまま fly 『a』way」の部分がhiB、「もう一度 届けたい 高鳴『る』想いを」の部分がhiA#だったと思います。
引用なし  
PW

  Re:WANDSの『声にならないほどに愛しい』  
 名前:メッセンジャー   投稿日:2008/12/31(水) 10:55  
>>prさん
>>こんにちは。
>>
>>MANISHという女性デュオ(?)の同名の曲を、WANDSがセルフカバーしたバージョンがあるのですが、この曲のサビの直前がものすごい高音になるところがあって、前から気になっていました。
>>
>>ぜひ音域を知りたいです。
>>
>>アルバムの『Little bit...』という曲に収録されていて、iTunesにもあります。
>>
>>iTunesの視聴だと、冒頭の1,2秒あたりの部分が該当の高音部分です。
>>
>>
>>よろしくお願いします!
>
>全部調べたわけではありませんが
>「このまま fly 『a』way」の部分がhiB、「もう一度 届けたい 高鳴『る』想いを」の部分がhiA#だったと思います。

さきほどの無記名です
もっと多かったです

hiB「」(hiAが『』)
最後のこ『とば』「ぁ」に いくあてもないまま ひとりは『し』「る」『ぅよ』
(同メロディー箇所超頻出)
このまま fly 「a」「wa」y

hiA#「」(hiAが『』)
声「に」『な』ら『な』い ほど「に」『い』と『し』い
もう一度届けたい 高鳴「る」 想いを
どうか気づい「て」 all your love
引用なし  
PW

  Re:WANDSの『声にならないほどに愛しい』  
 名前:pr   投稿日:2009/01/02(金) 04:52  
>>全部調べたわけではありませんが
>>「このまま fly 『a』way」の部分がhiB、「もう一度 届けたい 高鳴『る』想いを」の部分がhiA#だったと思います。
>
>さきほどの無記名です
>もっと多かったです
>
>hiB「」(hiAが『』)
>最後のこ『とば』「ぁ」に いくあてもないまま ひとりは『し』「る」『ぅよ』
>(同メロディー箇所超頻出)
>このまま fly 「a」「wa」y
>
>hiA#「」(hiAが『』)
>声「に」『な』ら『な』い ほど「に」『い』と『し』い
>もう一度届けたい 高鳴「る」 想いを
>どうか気づい「て」 all your love


無記名さん、

詳細に教えていただいて嬉しいです。
おかげでスッキリしました。
最高音はhiBだったんですね。
やっぱりすごく高かったので、なんか安心してしまいました。

ありがとうございました!
引用なし  
PW

  Re:WANDSの『声にならないほどに愛しい』  
 名前:メッセンジャー   投稿日:2017/12/15(金) 13:49  
すごく今更ながら
最後のこ『とば』「ぁ」に いくあてもないまま ひとりは『し』「る」『ぅよ』
の音程全然違いましたね(大汗
訂正します。

最高音がfly away部分のhiBなのはあってます

ちなみに最低音が
お「い」かけて のmid1G
だと思います。
引用なし  
PW

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ  
8 / 2323 ツリー
←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号: